ペーパーレストラン 2016
KAMI神になった動物たち

紙の力・紙を使いこなしたアートの世界展
21人のペーパーアーティストが創り出す「神様になった動物たち」

参加作品「鳳凰」
鳳凰は中国伝来の伝説の瑞鳥で、想像上の動物です。アオギリの木にだけ止まり、竹の実のみを食べ、釀泉だけを飲むとされます。五色絢爛、美しい尾羽を持つ姿に、五穀豊穣と平安への願いが込められています。

実際に作る大きさのスケッチを起こし、試作と照らし合わせながら紙で表現できそうかどうか確認をします。

今回のメインは鳳凰の美しい尾羽です。切り込んで交互に開いた造形が羽の表現にぴったりだと思ったからです。

翼はどのように作るか悩みました。主役の尾羽より控えめながら雰囲気に合う表現を探しました。

胴の表現は縦横に紙を編んで格子模様にしました。

会場には神様になった動物たちのペーパークラフトが集まります。是非ご覧ください。

主要な使用用紙
NTラシャ(130・170k / スノーホワイト)
NTラシャ(100k / 朱・もえぎ・黒)
タント(100k / N-72)


展示後記

高層ビルが立ち並ぶ都心の一角、ガラス張りのスペースが会場でした。私の作品の主役は色鮮やかなオスメス1対の鳳凰です。空を舞っている姿をシンプルに力強く表現することを目指しました。空と同じ白い紙で作った太陽の光と穀物は、鳳凰に込められた平安と五穀豊穣への思いです。今回は、鳳凰の色合わせと尾羽を背景に固定する方法が予想以上に難しかったです。会場では私も他の作家さんの作品を「ここはどうなっているのだろう?」といろんな角度からのぞき込み、平面ではないペーパークラフトのおもしろさを味わいました。様々な感想もいただき大変有意義な展示になりました。ありがとうございました。(鳳凰/約縦70X横50x奥行き4cm 額装作品)

ペーパーレストラン 2016
KAMI神になった動物たち


2016年10月30日(日)〜11月6日(日)
10:00〜19:00(入場無料)
※最終日のみ 〜17:00
トッパンフォームズビル 1F
〒105-8311 東京都港区東新橋 1-7-3

日本ペーパークラフト協会HP